ヘタノヨコズキ

下手の横好き。いつかは物の上手に?!

きんぴらごぼう

 

■参考レシピ本:割合で覚える和の基本 味醂:醤油=1:1)

  

 

 

我が家の常備菜は、ひじきの煮物、切干大根の煮物、そしてきんぴらごぼう。

作るときに2、3回分作り冷凍庫にストックしてます。

 

今日は、宅配野菜にゴボウとニンジンが入っていたのできんぴらごぼうを。

 

ゴボウはささがきではなくいつも千切りにします。ニンジンも同じく。

油を熱して、輪切りの唐辛子を炒めたら、ゴボウ、ニンジンを投入。

火が通ったかなというところで調味。

 

こちらのレシピ本にならって、きんぴらごぼうの調味はみりんと醤油が1:1

でもその前に、いつも大さじ1のお酒を入れて、ジューと水分を飛ばしながら炒めます。

その方が柔らかくなるのと、ゴボウの土臭さが抜けやすい気がするから。

 

お酒がなくなったら早速調味。

我が家はTANICAのヨーグルティアSというヨーグルトメーカーを愛用していて、

これで塩麹と醤油麹も作って常備してます。

煮汁がほとんど残らない煮物や炒め物の時に醤油麹を使うとその旨味がすごく活きるので、

きんぴらごぼうの調味もみりんと醤油麹で。

 

f:id:stay-inspired:20170904095547j:plain

(我が家の醤油麹。ヨーグルティアSなら、麹、水、醤油を入れて6時間で完成。

 冷蔵庫で3か月間保存できます。その間も、熟成していくのだとか)

 

 

今回はどちらも大さじ2ずつ。(ちなみにゴボウ小さめ2本とニンジン大きめ1本)

醤油に比べると醤油麹は辛くないので、仕上がりは甘め。

もし、辛めのきんぴらごぼうがお好きなら、醤油を使うのがオススメです。

  

f:id:stay-inspired:20170903172353j:image

 

汁気がなくなるまで炒めたら最後にいりごまを入れて完成。

美味しくできました♡

 

 

f:id:stay-inspired:20170904095828j:plain

 

冷凍用はiwaki パックぼうる 400mlに保存。

この保存容器、ガラスなので匂いや色が写らないし、密封できるし、

レンジもオーブンもOK。

重宝しています。

 

 

ご参考頂ければ嬉しいです。